モンロー製ショックアブソーバーに交換しました

  愛車を購入後、すぐに交換したショックアブソーバーですが、走行距離が5万km近くになって、いよいよ寿命のようです。あまりにも振動が激しいので、先日、前のみ純正に交換していました。いろいろ考慮して、今回、モンロー製ショックアブソーバーを装着しました。購入は前回、ランチョの購入でお世話になったシューエイのネット通販です。

 

購入したショックアブソーバーです

モンローバンマグナム  V1005 (後用) 写真上側の緑色です。オイルタイプです。

モンローアドベンチャー  D5471 (前用) 写真下側の黄色です。高圧ガスタイプです。

  

まず、最初に後側から交換しました。今回はタイヤを取り外さずに交換するため写真のように自作の板材にタイヤを乗り上げてクリアランスを確保しました。

  

寿命を迎えたランチョを取り外します。17番のめがねレンチで力いっぱいはずします。床に寝ころんだ状態で力を入れるのにちょっぴり苦労しましたが無事に取り外すことができました。左側のショックは上側ナット付近にマフラーカバーが付いていて、レンチを回すのに苦労しました。

取り外したランチョRS9000Xと装着前のモンローバンマグナムです。

 ランチョ装着の時に経験していますので、今回は順調に交換できました。ランチョの時と同じように、取り外しに苦労しましたが装着は比較的に簡単でした。ただ、ブッシュの穴径がやや小さいようです。軸に押し込むのが一苦労です。ブッシュの内側にシリコンスプレーを吹き付けて、ショック本体を握って力いっぱい押し込みました。そして、ネジの頭が少し出たところでボルトとナットを締め込みました。

 

バンマグナムはオイルタイプなので手で引っ張れば装着時の全長を調節できます。めがねレンチでボルト、ナットをしっかりと締め込んでおきました。 

 さて、後側の作業が終了し前側に移ります。後側は40分ほどで完了して気分を良くしていたのですが、前側に装着するアドベンチャーの高圧ガスショックにはとても苦労しました。

 

前側の純正ショックです。矢印のところのボルトとナットを外します。

 体重をかけて縮めたあと、手を放すとゆっくりと伸びてきます。上側を装着穴に入れて伸びる間に下側のボルトを通せばよいと考えました。先に作業した車体左側はこの要領でうまく装着できました。しかし、右側に入れたショックが何となく伸びる速度が速く、ボルトを通そうとしたら、穴を通過してしまいます。何回も繰り返すのですが上手くいきません。

左から装着前のモンローアドベンチャー、取り外したランチョと純正ショック。

 結局、ショック下端の隙間に7〜8mm厚の板材をショックが伸びる前に挟み込んでボルト穴の位置をあわせました。ボルトを締め込んだあとバキッ!と板材を折って抜き取りました。おかげで装着完了までに前後あわせて3時間ほどかかってしまいました。そして、腕や背中の筋肉痛が残りました。

 

装着後のインプレッションですが、じゅうぶん満足のいく乗り心地です。交換前に上り坂を走行中、タコメーターが2300回転付近を指した時にセカンドシート付近が振動していたのですが、全くなくなりました。路面の段差通過もスムーズになりました。先日、純正ショックに交換したあとにカーナビモニター付近から振動があったのもなくなりました。低速走行時にやや突き上げ感がありますが、60kmぐらいまで速度が上がると全く気になりません。

 やはり、重いエンジンを積載している前側はガスショックの方が良いのかもしれません。ランチョRS9000Xも装着したときには良い乗り心地でダイヤルでの調整もそれなりに楽しいものでしたが、やや寿命が短いように感じます。まあ、5万km近く走行しましたので、この程度かもしれませんね。

 後に装着したバンマグナムですが、オイルタイプショックアブソーバーのしなやかさが良いです。伸び方向の粘りがあるようで、リーフスプリングとの相性が良いようです。

交換したLTタイヤ【ヨコハマ デリバリ808(215/70−15)】

 

インプレッションの追加です

 タイヤを交換しました。乗り心地にこだわって装着していた乗用タイヤ「ヨコハマ ジオランダー」が車体重量に負けてしまい偏摩耗し、接地面が変形していました。実は走行時の振動はこの変形が原因だったのです。タイヤはLTタイヤ「ヨコハマ デリバリースター808」を導入しました。

 タイヤの交換後はイヤな振動もなくなり、ショックアブソーバーの感触が素直に伝わってくる感じです。とくに、エンジンの重さを支える前輪に装着したモンローアドベンチャーはコーナーリング時もしっかり踏ん張ってくれます。また、後輪に装着したバンマグナムはオイルショック独特のしなやかさで揺れを押さえ込んでくれる感じがします。ランチョの時にあった、揺り戻し?と言うのでしょうか、グッと踏ん張ったあとに続く大きな揺れはほとんどなくなりました。

 足回りのインプレッションはそれぞれ感じ方がわかれるところだと思いますが、今回、ランチョから交換して全く感じが変わりました。これで安心して高速走行もできます。運転がまた、楽しくなりました。

 

キャンピングカーのページへもどる

DIYのページ(外装編)

検索エンジンからお越しの方はこのバナーをクリック!